【ゴルフスイング理論】ドライバーの飛距離アップはテクニックで飛ばす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドライバーを飛ばすテクニック

こんにちは。
右手のゴルフの片山晃です。

今回はゴルフをする人であれば誰もが望む、ドライバーの飛距離アップについてお話します。
皆さんはドライバーを飛ばす為には、パワーが必要だと思っていませんか?

実はこれ間違いです

実はゴルフで飛ばす為に必要な事は、パワーではなくてテクニックなんです。
テクニックで飛ばすのであれば、女性でも筋力や体力に自信のない方でも、簡単に飛ばす事が出来ます。

スポンサーリンク






ドライバーの飛距離アップにパワーは必要ない

筋トレでパワーをつける男性

体の力で飛距離を伸ばそうとするから失敗する

多くのゴルファーが望む飛距離アップが失敗してしまう最大の理由は、体を使って飛距離を伸ばそうとすることです。

これは、筋力的なことだけではありません。
体の回転や、タメによって飛距離を伸ばそうとしてしまうと、飛距離が伸びないばかりか、飛ばなくなって曲がってしまう原因になってしまいます。

自分の体で力を出してボールを飛ばそうとしても、なかなか上手く行きません。
特にシニアゴルファーの様に、肉体的に衰えを感じている人であれば尚更です。

体を使って飛距離を伸ばそうとして、飛ばないだけならまだしも、多くのゴルファーは体を使って力を出そうとする事で、体に大きな負担をかけてしまいます。
特に腰や膝、肘、肩、首など、関節に大きな負担がかかってしまうので、結果的にケガをしてしまって、ゴルフ寿命を縮めてしまう事にもなってしまいます。

プロゴルファーを目指している人や、ジュニアゴルファーなど、ゴルフスイングの為に体を鍛えている人以外は、肉体の力で飛距離を出そうとしても、ほとんど失敗してしまいます。

ドライバーの飛距離はテクニックで生み出す

では、シニアゴルファーの様な方は飛距離アップする事が出来ないのか?

答えはNOです!
シニアゴルファーでも飛距離アップする方法はあります。

その方法は、パワーではなくテクニックでドライバーを飛ばす方法です。
実際に現在のシニアプロの平均飛距離はかなり伸びています。

彼らは衰えた肉体を技術でカバーしている訳です。
中にはレギュラーツアーの頃よりも、シニアツアーになってから飛距離がアップしたプロもいる程です。

そのテクニックはアマチュアゴルファーにも、とても有効です。
テクニックと言っても、何も裏技的なことではありません。

体で飛ばさないなら、何で飛ばすのか?
それはクラブです。

現在の長くて軽いドライバーの特性を最大限に利用してあげれば、肉体に関係なくクラブヘッドに大きな運動をさせる事が可能です。

まず、現在のドライバーは長さが非常に長くなっています。
45インチ~46インチくらいが一般的です。
しかし280g~300g程度と軽くなっている分、筋力がなくても振りやすいドライバーになっています。

その長くて軽いドライバーのヘッドの運動量を大きくするテクニック。

それは遠心力です。

ドライバーのヘッドに遠心力をかけてあげると、肉体で運動エネルギーを作ることなくドライバーのヘッドを走らせることが可能です。

ではどうすれば、ドライバーのヘッドに遠心力がかけられるのか?
それはドライバーのヘッドを大きく動かしてあげる事です。

例えば、皆さんが常識の様に思っているタメのあるスイング。
このスイングでは、ダウンスイングでトップからインパクトまで、クラブヘッドは直線的な動きになってしまいます。
これではヘッドに遠心力がかかりません。

ヘッドに遠心力をかける為には、ヘッドを直線的ではなく大きな円軌道を描く動きをさせます。
ダウンスイングの初期の段階でヘッドを飛球線の後方にリリースします。
この時、手とヘッドを同時に降ろしていきます。

そうすると、クラブヘッドは自分の体からどんどん離れて行って、遠心力がかかります。
テクニックで飛ばすという事は、こういう事なんです。

クラブヘッドに遠心力をかけるスイングは、左手主体の従来のスイングでは非常に難しいものになります。
なぜなら、体を回転させて、左手でリードしてしまうと、どうしてもクラブが体に対して遅れて降りてきてしまうからです。

逆に右手を使ってクラブを降ろして、体の回転を一切止めてしまうと、とても簡単にヘッドに遠心力をかける事が出来ます。
また、全く力が必要ありませんので、どんなゴルファーであっても可能なスイングなんです。

スポンサーリンク




曲がらないドライバーショットの方がパワーが必要

ドライバーショット

テクニックで生み出したエネルギーを制御するのがパワー

実はドライバーショットでパワーが必要になるのは、飛距離ではなくボールのコントロールの方なんです。
肉体で出しても、クラブで出しても、生み出された運動エネルギーをコントロールする必要があります。
それがパワーなんです。

冷静に考えてみて下さい。
現在、世界のトッププロ達は、ドライバーの平均飛距離が300ヤードを超えています。

300ヤードを超えるドライバーショットには、非常に大きな運動エネルギーが必要です。
ヘッドスピードで言うと55m/s以上になると思います。

300gのドライバーとはいえ、秒速50メートルを超える運動をしている物体をコントロールするには、相当な筋力が必要になってきます。
だから彼らは体幹やスイングに必要な筋肉を鍛えている訳です。

もしも、運動エネルギーは生み出せるが、その運動エネルギーに耐える事の出来ない肉体であれば、300ヤードの飛距離は出るものの、どこに飛んで行くのか、どっちに曲がるのかが分からないボールになってしまいます。

彼らの様なトッププロはそれでは試合に勝てませんので、300ヤード飛ばしながらも、それをコントロールする為の肉体が必要になってくる訳なんです。

決して、パワーで運動エネルギーを生み出している訳ではないんです。
パワーは、生み出したエネルギーを制御する為に必要な要素なんです。

アマチュアのスイングにパワーは必要ない

トッププロ達は、強い肉体や筋力を必要としますが、一般のアマチュアはどうでしょうか?
勿論、フィジカルは弱いよりは強い方が良いのは当然です。

しかし、必ずしも必要であるかと言うと、そうではありません。

先程から言っている様に、飛ばす為の運動エネルギーはテクニックによって生み出す事が可能です。
このテクニックで生み出したエネルギーを効率よくボールに伝え、また制御する為には、何も筋力だけではないんです。

アマチュアゴルファーであればヘッドスピードは40m/s~45m/sもあれば十分です。
このヘッドスピードでも230ヤードから、270ヤード位の飛距離が十分に出ます。

このヘッドスピードである程度ボールをコントロールしようとした時、確かに筋力があった方が良いのですが、普通のゴルファーはアスリートの様に体を鍛えているわけではありません。

そこで、体のある機能を上手く利用してあげます。
それが、関節です。

関節を上手く使えば、エネルギーを生み出す事も、吸収することも可能です。
従来のゴルフスイング理論では、あまり関節の使い方を詳しく説明していませんでした。
特に肩から先の関節の使い方ではなく、体の使い方ばかりでした。

私が皆さんにおすすめしている右手のゴルフでは、体を使わずに手を使ってスイングする。
それも右手をです。

肩、肘、手首の関節を上手く利用してあげれば、ダウンスイングでは運動エネルギーを生み出し、インパクト以後は上手く運動エネルギーを吸収する事が出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
あなたが飛ばない理由はパワーがないからではないんです。
実は飛ばしのコツを知らなかっただけなんです。

飛ばす為に必要な運動エネルギーは、テクニック・技術で生み出します。
ですから、シニアゴルファーでも飛距離アップは全然できることなんです。

年を取って飛ばなくなったと諦めるのはやめて下さい。
まだまだあなたのドライバーの飛距離はアップさせる事が出来ます。

ご自分の飛距離に満足出来ない方は、是非この飛ばすテクニックを練習場で試してみて下さい。
今までにない打感、今までにない弾道、今までにない飛距離を体感して頂けると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)